1. ホーム
  2. プレスリリース

2014年07月04日

苫小牧地点におけるCCS大規模実証試験 海底地震計(OBS)設置工事実施についてのお知らせ

 

 

平成26年7月4日

日本CCS調査株式会社

日本CCS調査株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石井正一)は、苫小牧地点におけるCCS(二酸化炭素の回収・貯留)大規模実証試験の一環として、二酸化炭素貯留地点直上及び周辺での海底地震計(OBS)の設置工事を苫小牧港湾区域内にて実施致します。本作業は、経済産業省からの委託事業、「平成24年度二酸化炭素削減技術実証試験事業(国庫債務負担行為に係るもの)」における現地作業です。

 

○工事概要

1.作業概要

二酸化炭素貯留地点近傍の海底4地点において微小地震、自然地震観測のための海底地震計(OBS:Ocean Bottom Seismometer:海底地震計)の設置工事を行います。工事では、クレーン台船を使用し、各地点にOBSを収納するコンクリート製容器を設置し、それぞれの設置容器内にOBSを収納します。OBS用設置容器は、海底面上に突出しないように、すべて海底面下に埋設し、OBS収納後に鉄製の蓋を取り付けます。設置容器の埋設設置は、ダイバーが操作するエアーリフトやハンドジェットを使用して行います。工事地点付近には警戒船を配置し、周囲の警戒および接近する船舶への注意喚起を行い、安全な作業実施に努めます。

なお、OBSを設置し、観測を開始した後は、約4ヶ月に1回の頻度でデータの回収のため、OBS本体の交換作業を実施する予定です。

2.工事場所

   苫小牧港湾区域内(西港区沖合)

3.工事予定期間

    平成26年7月6日~7月31日(予備日を含む)

(天候や海況により、工事期間を変更する場合があります)

 

○添付資料

「苫小牧地区におけるCCS大規模実証事業:OBS設置工事」の実施について

 

○会社概要

名 称   : 日本CCS調査株式会社

事業内容 : CCS技術の事業化調査及び研究開発諸業務、実証試験

代表取締役社長 : 石井 正一

所 在 地 : 東京都千代田区丸の内一丁目7番12号

U R L  : http://www.japanccs.com/

資 本 金 : 2億4,250万円

設 立 日 : 平成20年5月26日

株 主   : 電力、石油元売り、エンジニアリング、 総合商社、石油開発、鉄鋼、ガス、化学など35社

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                以 上

※同時配信 苫小牧市政記者クラブ、北海道経済記者クラブ

【報道関係者からのお問い合わせ】

日本CCS調査株式会社

広報渉外部 広報渉外グループ

担当:金森

TEL:03-6268-7610    FAX:03-6268-7385

OBS設置工事説明資料