1. ホーム
  2. プレスリリース

2013年07月05日

苫小牧地点におけるCCS大規模実証試験 常設型海底受振ケーブル(OBC)敷設工事の実施についてのお知らせ

 

平成25年7月5日

日本CCS調査株式会社

 日本CCS調査株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石井正一)は、苫小牧地点におけるCCS(二酸化炭素の回収・貯留)大規模実証試験の一環として、苫小牧市真砂町で、常設型海底受振ケーブル(OBC)敷設工事を行ないます。本作業は、経済産業省からの委託事業、「平成24年度二酸化炭素削減技術実証試験事業(国庫債務負担行為に係るもの)」における現地作業です。

 

○工事概要

1.作業概要

苫小牧市真砂町から苫小牧港港湾区域内において、平成28年度以降実施を計画している二酸化炭素(CO2)圧入のモニタリングならびに、微小振動および自然地震観測のための海底受振ケーブル(OBC: Ocean Bottom Cable) 全長3.6kmを海底面下2mの深度に埋設し、海底地震計(OBS:Ocean Bottom Seismometer)の設置容器1式を海底面下に設置する工事を行います。敷設後、敷設位置の確認およびCO2圧入前の基礎データを取得するために、二次元弾性波探査作業を平成25年8月中旬から下旬に行う予定です。なお、海底地震計(OBS)本体の設置は、来年度を予定しております。

2.工事場所

苫小牧市真砂町11-11

3.工事予定期間

平成25年7月8日(月)~平成25年8月3日(土)

(天候や海況により工事期間が変更される場合があります。)

添付資料

苫小牧地区におけるCCS大規模実証事業:常設型OBC敷設工事の実施について

常設型OBC敷設工事プレスリリース_添付資料20130705

○会社概要    

名       称:日本CCS調査株式会社

事 業 内  容:二酸化炭素(CO2)の分離・回収、輸送、地中貯留(CCS)技術の事業化調査及び

研究開発諸業務、実証試験

代表取締役社長: 石井 正一

所   在   地: 東京都千代田区丸の内一丁目7番12号

U   R   L: http://www.japanccs.com/

資   本   金: 2億4,250万円

設   立   日: 平成20年5月26日

株     主: 電力、石油元売り、エンジニアリング、 総合商社、石油開発、

鉄鋼、ガス、化学など35社

以 上

【報道関係者からのお問い合わせ】

日本CCS調査株式会社

広報渉外部 広報渉外グループ

担当:金森、斎藤

TEL:03-6268-7610    FAX:03-6268-7385