1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 社長あいさつ

社長あいさつ

安全・安心なCCS技術の確立を目指して

 CCSとは、地球温暖化の要因となる二酸化炭素の大気中への放出を、大幅に削減する革新的な技術です。世界的な課題である、産業革命前からの気温上昇を、2℃未満に留めるという目標達成に向けて、CCS技術は再生可能エネルギーやエネルギー効率化などとともに、世界から注目を集めています。

 弊社は2008年の設立以降、経済産業省の指導のもと、日本におけるこのCCS技術の確立を目指して全国的な調査事業を行い、2012年に同省より、CCSとしてアジア地域初となる「苫小牧CCS大規模実証試験事業」を受託しました。

 本事業は、北海道苫小牧市にて2015年までの4年間に、地上設備の建設、陸上から海底下へ2本の圧入井の掘削、モニタリングシステムの構築を行い、2016年4月にCO2圧入を開始、その後の3年間で30万トン以上のCO2を分離・回収、海底下へ貯留するというCCSのトータルシステムの実証を目的としており、2020年以降の日本におけるCCS技術の実用化に向けた課題解決のための、重要な役割を担っています。

 お陰様で弊社は、苫小牧市の皆様の温かいご支援とご理解のもと、実証試験の準備作業を無事故・無災害で予定通り完工し、現在はCO2の圧入を順調に進めております。またモニタリングは2020年度まで継続して実施される予定です。

 世界がCCSの実現に向け様々な課題に取り組む中、この苫小牧実証試験事業は、国と地域社会と民間企業が一体となった世界でも特筆すべきCCS事業として、海外から大変高い評価をいただいております。2016年度は本実証試験センターに、2000名以上の方々にお越しいただき、このうち約200名が海外からのお客様となっています。

 本事業は国際活動の一つとして、2016年10月にCCS普及のための国際機関CSLF(Carbon Sequestration Leadership Forum)の正式な認定プロジェクトとなったほか、弊社はアジア太平洋地域におけるCCS普及をリードするRegional Championに推薦されています。また弊社は、2014年度に経済産業省と環境省の共同事業「二酸化炭素貯留適地調査事業」を受託し、国内におけるCCS事業の広域展開に向けた地質調査も、あわせて実施しております。

 私たちはこれまでの知識と経験を礎に、次なる事業の展開と、日本から世界に向けた情報発信や連携を強化し、この素晴らしい地球環境を未来の世代に引き継ぐという、大きな目標に貢献してまいる所存です。

 今後とも皆様の温かいご理解とご支援を、よろしくお願い申し上げます。

日本CCS調査株式 社長 石井 正一