1. ホーム
  2. CCSとは
  3. CCSのしくみ
  4. 圧入・貯留

圧入・貯留

圧入・貯留の工程では、圧縮機を利用して、高純度CO2を私たちの生活空間から離れた1,000m以上深い地層に送り込み長期間にわたり貯留します。

貯留エリア

CO2を貯留するところは、既に生産を終了した油田・ガス田や、塩水を多く含む地層(帯水層)で、活断層などが近くに存在しない貯留層が対象となります。貯留層は、主に砂岩(砂が押し固められた岩石)から成り、岩石の砂粒の間には塩水で満たされたすき間があります。このすき間にCO2を貯留します。

今までの貯留層賦存量調査では、日本におけるCO2貯留可能量は約1,400億トンであると言われています。

これは日本の年間CO2排出量の約100年分に相当します。

貯留のしくみ

CO2は、地下1,000mより深いエリアに、気体と液体の混在した状態で圧入されます。貯留層の上部にはCO2を通さない地層(遮へい層)があるため、長期間にわたり安定して貯留することができます。長い年月を経過したCO2は、塩水に溶解したり、岩石のすき間で凝固し鉱物になると考えられています。

大規模実証事業では、CO2貯留後の地層の温度・圧力の推移やCO2の挙動を把握します。このため、CO2圧入終了後には、定期的にモニタリングを実施する予定です。

また、周辺環境への影響についても評価します。

圧入・貯留