1. ホーム
  2. CCSとは
  3. CCSのしくみ

CCSのしくみ

CCSとは

Carbon dioxide Capture and Storageの略であり、二酸化炭素(CO2)の回収、貯留を意味しています。人類は、豊かな生活を築くために、長年にわたって地中深くに埋まっていた石油、石炭等の化石燃料を取り出して消費してきました。化石燃料を使用するとCO2が発生し、その結果大気中のCO2、これが地球温暖化の原因のひとつと言われています。CCSは、工場や発電所などから発生するCO2を大気放散する前に回収し、地中貯留に適した地層まで運び、長期間にわたり安定的に貯留する技術です。CO2の早期大規模削減が期待できる地球温暖化対策の切り札なのです。

CO2を貯留する場所は、地表から1,000m以上の深さにある一層の貯留層(帯水層等と呼ばれる)です。CO2が漏れ出すことのないよう、上部を遮へい層と呼ばれるCO2を通さない泥岩などの層で厚く覆われていることが必要です。

CCSの要素技術

二酸化炭素(CO<sub>2</sub>)を大量に排出する発電所や工場などからCO<sub>2</sub>を分離・回収し、それを輸送して地中深くへ圧入し、長期間にわたり地中に貯留する技術です。 分離・回収/大規模排出源からCO<sub>2</sub>を分離・回収 輸送/回収したCO<sub>2</sub>を圧入施設へ輸送(パイプラインまたはタンクローリー) 圧入・貯留/CO<sub>2</sub>を地下へ圧入し貯留(深度1000〜3000m)